耳科

  • TOP » 
  • 耳科

このような症状はありませんか?

  • 耳をかゆがる
  • よく耳をふる
  • 耳がくさい
  • 耳垢がたくさん出てくる
  • 耳が赤い

これらの症状は耳の病気の可能性が疑われます。
耳の奥の汚れは正常であれば上皮移行という機能によって耳の穴から外に出てきます。しかし、治療が遅れてしまったり、適切な処置をしないと、最初は軽度であっても症状を繰り返したり、進行してしまいます。気になることがあれば、なるべく早くご来院ください。

イメージ

耳科のご案内

耳科は主に耳の問題を治療する診療部門ですが、食事アレルギーなど皮膚科とつながっているケースもあります。
また外耳炎(鼓膜・外耳道・耳介)が悪化すると、中耳炎を引き起こすこともあります。

耳鏡検査(手持ち耳鏡)

下記の項目をチェックします。

耳垢(みみあか)のチェック
  • 耳垢の量
  • 耳垢の色
  • 耳垢の性状
耳道のチェック
  • 腫れていないか?
  • 赤くないか?
  • 異物はないか?
  • ポリープはないか??

耳垢検査

  • 細菌の有無
  • 寄生虫の有無(ミミヒゼンダニなど)
  • マラセチアの有無

※耳内視鏡(オトスコープ)

  • 耳の奥の耳道や鼓膜まで診ることができる
  • 寄生虫の有無耳の奥の汚れを直接取り除くことができるミミヒゼンダニなど)
  • 耳の奥の腫瘤の有無が鮮明にわかる
    ※現在はワラビー動物病院にのみ設置されている医療機器です。

耳科でよくみる病気

外耳炎

健康な耳では、自然に正常な状態を保てますが、様々な要因で耳の中に問題が生じてしまうと、違和感を生じてしまうことがあります。適切でない耳掃除によってかえって外耳炎を悪化させてしまうこともあります。細菌が繁殖してしまった場合には適切な抗生剤の使用によって治療します。

耳血腫

耳たぶ(耳介)が餃子のようにパンパンに腫れてしまう状態です。
わんちゃん猫ちゃんが、耳の痒みのために足で頻繁に耳たぶをかいてしまう外的刺激によって発症すると考えられていますので、多くのケースでは、ベースに外耳炎や中耳炎が隠れていることがあります。そちらの治療も並行して行なっていきます。

中耳炎

外耳炎が進行すると生じる病態です。特にフレンチブルドックや柴犬などのような毛が剛毛な犬種では、自分の毛(短くて硬い)が耳の穴に落下すると、鼓膜に張りついたり、刺さったりしてしまう恐れがあります。そのままの状態で放置すると、鼓膜を突き抜けて中耳に病変が波及し、細菌が大繁殖してしまいます。このように進行した状態になると、犬は強い違和感を生じてしまい、大きな手術が必要になるケースもあります。

ワラビー動物病院グループ

ワラビー動物病院

埼玉県蕨市南町2丁目31番21号

ワラビー動物病院HP

はとがや動物病院

埼玉県川口市坂下町3丁目31番15号

はとがや動物病院HP

どうぶつ園通りの動物病院

北海道旭川市豊岡13条5丁目4番25号

どうぶつ園通りの動物病院HP