腫瘍科

TOP »  腫瘍科

このような症状はありませんか?

  • ・リンパ管、リンパ節の腫れがある
  • ・皮膚や乳腺に気になるしこりがある
  • ・お腹が張っている
  • ・口の中にできものがある、いつもと違う口臭がする
  • ・鼻水や鼻血がでている、鼻が詰まっている、鼻の辺りが腫れてきた。
  • ・下痢や血便、嘔吐をする
  • ・血尿がでる、おしっこがしづらそう
  • ・膣からの分泌物がある
  • ・肛門からの分泌物がある
  • ・歩きかたがいつもと違う
  • ・苦しそうな呼吸をする、声が出なくなった、いつもと違う呼吸をする

これらは腫瘍科の疾患の可能性が疑われます。現在、犬と猫の死因ランキングのワースト1位はともに「がん」です。がんは一般的に高齢になるほど発生する可能性が高くなります。がんと一言に言っても、その種類や部位、ステージ(進行具合)により、治療の選択肢は異なります。飼い主とどうぶつたちの生活の質を可能な限り維持できるよう、最適な治療をご提案させていただきます。また、最近では症状が見られない場合も健康診断で腫瘍疾患が見つかるケースも増えてきています。がんは「早期発見」が重要な疾患です。当院では定期的な健康診断をお勧めしております。

腫瘍科のご案内

腫瘍疾患の治療は主に外科療法、化学療法、放射線療法の3つの治療を中心に行います。
腫瘍科では、腫瘍外科として、各種腫瘍摘出手術を行っています。また、腫瘍内科として抗がん剤や分子標的薬等の化学療法を行っています。放射線療法やその他特殊な治療が必要となる場合は、大学病院などの2次診療施設をご紹介し連携を取りながら治療を行う場合もあります。
腫瘍を治療することがもっとも効果的ではありますが、ステージによってはどうぶつの体の負担を優先した支持療法のみを行うあえて何もやらないことも選択肢の1つになります。
治療を前提にするのではなく、飼い主とどうぶつたちが、どうやってこれからを過ごしていくかを考えたうえで、複数の選択肢を提示します。

腫瘍科の検査一覧
身体検査

体表のしこりの触診
リンパ節の触診

レントゲン検査

体内の、外から直接触れられない部位にある腫瘍を探すために用います。麻酔は必要ないため、どうぶつに大きな負担を負わせることなく検査を行うことができますが、その分あまり細かい情報を得ることはできません。

細胞診

細胞診は、どうぶつのしこりに細い針を刺して細胞を吸いだすことで、細胞の形などからそのしこりが炎症なのか腫瘍なのか、また腫瘍であれば良性なのか、悪性であれば癌、肉腫、独立円形細胞腫瘍(リンパ腫など)なのかを判断する検査です。細胞診は多くの場合、確定診断ではなく、次に行う検査や治療を決定するための検査法と言えます。

組織生検(そしきせいけん)

組織生検とは、細胞が構成している組織を採取し、顕微鏡で調べる検査方法です。特別な針や器具を使い、病変の一部を採取する方法(生検)が一般的です。細胞の一部ではなく、広範囲の細胞が構成している組織を採取するので、細胞診よりも確実な診断が可能です。

腹腔鏡

1cm前後の小さな穴からお腹の中にカメラを入れ、テレビモニター上に映し出された映像を見ることで、お腹を大きく開けなくてもお腹の中の状態を調べることができる検査方法です。簡単な処置や手術を行ったり、腫瘍の組織を切除して、病理検査を行うこともできます。CT検査と同様、全身麻酔をかける必要があります。

腫瘍科でよくみる病気

膀胱の移行上皮癌

血尿と頻尿を主訴に来院。超音波検査で膀胱の中に腫瘤を確認。CT検査で腫瘤の広がりを確認し、切除しました。しかし、全部を取りきれないことも多く、残った腫瘍に対しては、化学療法を行うことになります。当院では免疫療法を行うこともあります。長期治療を覚悟する場合には、副作用の少ない治療法も選択肢の一つです。

膀胱の移行上皮癌
口腔内悪性腫瘍

犬の口腔内に出来る代表的なものは、悪性黒色腫です。口の中に腫瘤を見つけた場合には、出来るだけ早期に、切除して診断をつけることが重要です。顎を大きく切り取る必要や、放射線を当てる必要がある場合もあります。ヒトでは免疫療法で効果があるとされています。

腫瘍科の専門診療科のご案内

腫瘍科を専門とする獣医師をお招きし、専門外来を開設しています。
かかりつけ医より状況に応じてかかりつけ医より受診をご案内させていただきます。

腫瘍科の担当医のご紹介

イメージ
溝口 やよい
(ワラビー動物病院 在籍)
・経歴
  • 平成19年3月
    日本獣医生命科学大学獣医学部卒業
  • 平成19年〜21年
    山田動物病院(さいたま市)
  • 平成22年〜28年
    ふく動物病院(国立市)
  • 平成25年〜26年
    行徳動物病院(市川市)・syusyuキャットクリニック(江戸川区)・腫瘍科担当
・研修歴
  • 平成23年〜26年
    麻布大学附属動物病院腫瘍科専科研修医
  • 平成24年
    日本獣医生命科学大学腫瘍科研修医
・業績
  • 2011年
    第32回動物臨床医学会年次大会
    猫の肝細胞癌に対し外科的切除にて良好な経過を得た一例
  • 2013年
    第9回日本獣医内科学アカデミー学術大会
    異なる臨床経過を示した猫脾臓肥満細胞腫の2例2014年第10回日本獣医がん学会
    副腎褐色細胞腫に対して緩和的小分割外部放射線治療を行った犬の1例
・資格

日本獣医がん学会 獣医腫瘍科認定医Ⅱ種

・所属学会

日本獣医がん学会

GROUP

ワラビー動物病院グループ

お電話

お電話

WEB予約

WEB予約

獣医師出勤表

獣医師出勤表