行動診療科

  • TOP » 
  • 行動診療科

行動診療科のご案内

ワンちゃん猫ちゃんの困った行動も、早期発見早期治療が大切です。問題行動でお困りの方に、カウンセリングを行います。飼育環境やご家族方の接し方など詳しくお話を伺い、問題解決方法をアドバイスします。また問題行動でなくてもワンちゃん猫ちゃんとより良い関係を築くため、ともに幸せに生活するためのご相談であればどのような内容でも結構です。

イメージ

よく見る犬の問題行動

  • 吠える(飼い主、知らない人、犬、玄関チャイム、その他)
  • 攻撃性(飼い主、知らない人、犬、その他)
  • 怖がり(人、犬、雷、花火、音、その他)
  • 自分の体を傷つける(手足を咬む、尾を咬むなど)
  • 不適切な場所での排泄(排泄の失敗、マーキングなど)
  • お散歩中リードを引っ張る、車やバイクを追いかける
  • 人に飛びつく
  • お留守番ができない
  • 子犬のいたずら(破壊行動、甘咬み、何でも口に入れるなど)
  • 同居動物と仲が悪い

よく見る猫の問題行動

  • 不適切な場所での排泄(排泄の失敗、スプレーなど)
  • 攻撃性(飼い主、知らない人、他の動物)
  • 同居猫同士のけんか
  • 自分の身体を傷つける(過剰なグルーミングによる脱毛など)
  • 爪とぎ

行動診療科の専科外来のご案内

問題行動を行うワンちゃん、猫ちゃんには必ずその原因・背景があります。それらを丁寧に紐解きながら、問題行動の解消を図ります。

行動診療科専科外来の診療日

月に一度。詳しくは当院の新着情報をご覧ください。
ご希望の方は診療時またはお電話で担当獣医師にご相談ください。担当獣医師より詳細のご説明と診療の予約をお取りいたします。
※担当獣医師不在の場合は、改めてご連絡します。
※村田先生の都合により診察日が変更になる場合があります。ご了承ください。

新着情報一覧

行動診療科の専門診療科のご案内

村田香織 先生

行動診療科の担当医のご紹介

村田香織 先生
村田香織 先生
担当医プロフィール
●経歴
麻布大学獣医学部獣医学科卒業。獣医師。兵庫県神戸市にある『もみの木動物病院』で副院長として診療にたずさわると共に、㈱イン・クローバー代表取締役としてペットの問題行動カウンセリングや子犬のしつけにも力を入れている。

◇公益社団法人日本動物病院福祉協会
『しつけインストラク ター養成講座』委員会アドバイザー
『パピーケアスタッフ 養成講座』メイン講師

◇北摂ベッツセンター 行動科
Veterinary Medical Network 行動学コンサルタント
環境省『動物適正飼養講習会』平成20年~24年 度検討委員会委員・同講師
獣医行動研究会コアメンバー
動物ボランティアグループ「メイブ リーズ」代表
ワラビー動物病院グループ

ワラビー動物病院

埼玉県蕨市南町2丁目31番21号

ワラビー動物病院HP

はとがや動物病院

埼玉県川口市坂下町3丁目31番15号

はとがや動物病院HP

どうぶつ園通りの動物病院

北海道旭川市豊岡13条5丁目4番25号

どうぶつ園通りの動物病院HP