ワラビー動物病院は埼玉県蕨市にある動物病院です。蕨市のワラビー動物病院は年中無休で朝9時から夜8時までノンストップ診療をおこなっています。ワラビー動物病院はチーム医療による良質な診療サービスと豊富な手術実績で飼い主様に確かな安心をお届けしています。
ノミ・ダニ・フィラリア
マダニについて

マダニは草むらなどに潜み、動物の体にくっついて血を吸います。動物の耳や顔など薄くてやわらかい皮膚に、口から出ている突起を深く射し込んで血を吸い200倍以上にもふくらみます。大きくふくらんだダニは肉眼で簡単に見つけられますが、無理に引きちぎると突起の一部が皮膚の中に残り化膿することもあります。ダニを見つけても何もせず、すぐにご来院ください。

マダニの被害

マダニが体に寄生すると激しいかゆみを伴います。さらに、原虫(寄生虫)・細菌・ウイルスなどの病原体を媒介し、結果としてバベシア症・ライム病・リケッチア症等を引き起こします。特にバベシア症は犬の赤血球を破壊し、貧血・発熱などの症状が現れ、生命に危険を及ぼす危険性もあるので、しっかりと予防する必要があります。

マダニの予防

マダニは、ペットの散歩時にもらってくる場合がほとんどです。マダニは、主に春から夏にかけて活動しますが、秋から冬でも寄生の可能性はあります。生息していそうな草むらなどには近寄らせないようにし、1ヵ月に1度、定期的に予防薬を投薬してあげましょう。