ワラビー動物病院は埼玉県蕨市にある動物病院です。蕨市のワラビー動物病院は年中無休で朝9時から夜8時までノンストップ診療をおこなっています。ワラビー動物病院はチーム医療による良質な診療サービスと豊富な手術実績で飼い主様に確かな安心をお届けしています。
ノミ・ダニ・フィラリア
ノミについて

ノミは犬や猫の体に寄生する代表的な外部寄生虫です。ノミの卵は外気が13度以上あれば孵化します。温暖で湿度の高いところを好み、通常は春から夏に多く繁殖します。ノミは成虫のときだけ動物の体に寄生しますが、卵や幼虫、サナギは犬や猫の体から落ち、寝床やカーペット、部屋の隅などに潜みます。また、飼い主様の洋服や靴についてお家に持ちこまれてしまうこともあり、温かい室内では一年中、繁殖が可能です。当院では、室内飼いの子でもノミの通年予防をおすすめしています。

ノミの被害

犬や猫がノミの成虫に血を吸われると、まず激しいかゆみが起こり、精神的なストレスの原因になります。かゆみ以外にも以下のような直接的・間接的なさまざまな症状が引き起こされます。

貧血

大量のノミに寄生されて血を吸われると貧血をおこす危険性があります。 特に子犬や子猫は注意が必要です。

皮膚炎

かゆみのために強く引っ掻くと、皮膚が化膿する場合があります。また、ノミによる吸血が繰り返されることで、アレルギー性皮膚炎を招くこともあります。激しいかゆみや発疹、脱毛などが起こります。

条虫症(じょうちゅうしょう)

ノミが媒介の感染症で、一般的には瓜実条虫(サナダムシ)です。条虫の卵をノミの幼虫が食べると、条虫はノミの体内で発育します。成虫になったノミを犬や猫がグルーミングなどで口に入れてしまうことにより条虫が小腸に寄生、下痢・食欲不振・嘔吐などの原因になります。ノミの寄生を予防することで瓜実条虫の感染も予防できます。

人への被害

人もノミに刺されると激しいかゆみや湿疹・発疹が起こります。 ひどくなると水ぶくれのような状態になってしまいます。

ノミの予防

ノミの寄生が認められた場合、すでに大量に生息している可能性があります。大切な家族の一員である犬や猫がノミの被害で苦しむ前に、しっかり予防してあげるのが重要です。

  • ブラッシング等でノミ・ダニがいないか、異常にかゆがっていないか、脱毛していないかを常にチェックしてあげてください。
  • 駆除・予防薬にはスポットタイプ(首の後ろに滴下するタイプ)、スプレータイプ、内服薬、注射、首輪タイプなどがあります。治療の目安は、月に1回の投薬です。
  • 犬や猫の布団・マット・タオルなどはこまめに掃除をし、天気の良い日は天日干しで日光殺菌しましょう。
  • 部屋は隅々まで念入りに掃除しましょう。
    ノミは、湿気を好みますから、窓をあけるなどできるだけ部屋の風通しをよくしましょう。