はとがや動物病院は埼玉県川口市にある動物病院です。年中無休で朝9時から夜8時までノンストップ診療をおこなっています。はとがや動物病院はチーム医療による良質な診療サービスと豊富な手術実績で飼い主様に確かな安心をお届けしています。
ワクチン
ワクチン
ウイルスによる感染症からワンちゃんネコちゃんを守るためには、ワクチンによる予防が最も有効です。病気に対する免疫力をつけることを目的にしたワクチンは、通常、国内で感染する可能性のある病気のワクチンを複数種組み合わせた〝混合ワクチン〟になっています。 ワンちゃんの場合は、6種(5種)または8種、ネコちゃんの場合は3種または5種が一般的です。 ワクチンは成長に合わせて計画的に接種することで、免疫効果をより安定的に維持することができます。
混合ワクチンで予防できる病気は次のとおりです。
感染症はいずれも治療が困難な病気ですので、ワクチンによる予防が重要です。

・犬8種混合ワクチンに含まれるレプトスピラ病のワクチンは1年間効果が持たないという報告もあります。
ワンちゃん・ネコちゃんのワクチンの種類については、それぞれの生活環境に合ったものを獣医師が提案いたします。 詳しくは、来院の際に獣医師に相談して下さい。
1. 犬ジステンパー
  • 発熱、下痢、神経症状等が起こり全身が冒される死亡率の高い病気です。
2. 犬アデノウイルス2型感染症
  • 肺炎や扁桃炎などを引き起こす呼吸器病です。
3. 犬伝染性肝炎
  • 肝炎が主ですが子犬では突然死を引き起こすことがあります。
4. 犬パラインフルエンザ
  • 呼吸器病でケンネルコフと呼ばれる犬の風邪を引き起こします。
5. 犬パルボウイルス感染症
  • 腸炎や嘔吐を起こす腸炎型と子犬に突然死をもたらす心筋型があります。
6. 犬コロナウイルス感染症
  • 腸炎を引き起こす感染症でパルボウイルスと混合感染すると更に危険です。
7. 犬レプトスピラ感染症 (黄疸出血型)
  • 腎臓や肝臓が冒される恐ろしい伝染病で歯茎の出血や黄疸が見られます。
8. 犬レプトスピラ感染症(カニコーラ型)
  • 高熱、嘔吐、下痢が見られるタイプです。
○「犬5種混合ワクチン」で予防できる病気 ▶1〜5
○「犬6種混合ワクチン」で予防できる病気 ▶1〜6
○「犬8種混合ワクチン」で予防できる病気 ▶1〜8
1. 猫ウイルス性鼻気管炎
  • ひどいクシャミ、鼻炎などの呼吸器症状のほか結膜炎を引き起こします。
2. 猫カリシウイルス感染症
  • 初期の症状は1に似ていますが、潰瘍や肺炎を引き起こすこともあります。
3. 猫汎白血球減少症
  • 白血球が極端に減少する病気で、子猫に突然死をもたらすこともあります。
4. 猫白血病ウイルス感染症
  • 持続感染すると8割が3年以内に死亡する病気で血液のガンを引き起こします。
5. 猫クラミジア感染症
  • 目や鼻から菌が進入し、結膜炎や鼻水、肺炎などが見られます。
○「猫3種混合ワクチン」で予防できる病気 ▶1〜3
○「猫5種混合ワクチン」で予防できる病気 ▶1〜5
【混合ワクチン料金】
  • 犬(5種、8種)……… 各 5,940円
  • 猫(3種)………………… 3,780円
  • 猫(5種)………………… 5,940円
※ワクチン接種に際しましては予防診察料1,620円が別途かかります。