いざという時のための災害対策5カ条

避難時の持ち物

  • 14

    持ち出し袋(イヌ・ネコ)

    緊急時に持ち出す荷物袋は、大人一人で7kg前後が目安。人用の緊急物品に加えて犬猫用もとなると、持ち出し袋にいれるアイテムには厳選が必要です。 おすすめの持ち出し袋は両手が空くリュックタイプ。丈夫で壊れづらいのはもちろんのこと、拭けば汚れがとれる素材を選ぶと便利です。

    持ち出し袋に入れておくと便利なもの

    ※避難袋や緊急時ストックをすべて一か所にまとめておくと、 いざという時に持ち出せないこともあります。 可能であれば、室内・屋外の物置・車内…といったように ストックする場所を分散しておくと安心です。

    持ち出し袋(イヌ・ネコ)
  • 15

    飼育メモ(イヌ・ネコ)

    ペットがどんな疾患を持っているのか、どんなケアが日々必要なのか、 かかりつけの動物病院などをメモ帳に記入しておきましょう。 ご自身がけがや病気になった際に、別の方へペットのケアをお願いしやすくなります。

    ■食器
    被災直後は水が不足し、器が洗えず不便だったそうです。 動物用の食器も、予備があると便利です。 プラスチックなどの割れない素材を選びましょう。 また、簡易的な食器として、ペットボトルや牛乳パックなどを 工作して器を作ってもよいでしょう。 食品用ラップを食器の内側に敷いて使うと、 水がなく食器が洗えないときなどに重宝します。

    ■ごみ袋
    動物の排泄物を入れるだけでなく、レジャーシートの代わりに使用したり、 手作りの防寒シートの材料として使用するなど、様々な使用用途があります。 持ち出し袋に入れるなど、多めにストックしておくと便利です。

    飼育メモ(イヌ・ネコ)