ワラビーリポート
溝口俊太先生 学会発表

学会報告書

 この度、10月11日から北九州の小倉で開催された「第47回日本てんかん学会」に参加し、発表する機会をいただきました。この学会は、人の“てんかん”に関する日本で最大規模の学会です。精神科、小児科、神経内科、脳外科など様々な分野の医師や看護師、検査技師、そして研究者などが集います。学会の初日に,大学の先生と共に研究内容を発表してきました。とても緊張しましたが、無事に発表を終えられ、新たな刺激を受けた学会となりました。
 日々進歩する人医療から学ぶことはとても多いです。全てが動物の医療に応用できる訳ではありませんが、僕ら獣医師がしっかり吟味し、動物医療へと還元できるよう努力しなくてはいけないと感じました。

溝口俊太