ワラビーリポート
俊太先生も、頑張ってます!!

 「7月21日・22日に東京大学・弥生講堂で開催された第38回獣医神経病学会にて、症例報告をさせていただく機会がありました。
『脱力発作と全般性強直間代性発作を呈したシェットランド・シープドック2頭におけるエトスクシミドの有効性』というタイトルで発表しました。
犬では珍しい脱力発作(頭や体が急にガクッと力が抜けて倒れてしまう発作)を起こしたシェルティ2頭を、ヒトの脱力発作の治療薬であるエトスクシミドを使って治療を行った反応や治療経過などを報告しました。
様々な先生方から意見や質問をいただき,非常に勉強になった学会発表でした、獣医神経病学会は今年より年1回の2日間の開催となりました。
来年は20周年記念大会ということで、海外より神経病の先生が来て特別講演があります。来年もまた楽しみです。」

俊太先生も、頑張ってます!!