翔ちゃん先生の一言コラム
尿路閉塞

尿路とは腎臓で作られたオシッコの通り道で、「腎臓→尿管→膀胱→尿道→外界へ」が順路です。
どこかが詰まったり、異常があったりして、オシッコの流れが妨げられることが“尿路閉塞”です。
尿路閉塞は腎機能不全・排尿困難を招き、ついには最悪の尿毒症に陥ります。
雌犬より雄犬の発生率が高いのが特徴です

問題のある場所を中心に痛みがあります。完全に閉塞すると無尿になります。
不完全な(部分的な)閉塞では頻尿が見られますし、腎機能が低下し、結果として多尿となることもあります。
「不完全尿路閉塞→内圧上昇→尿の流れの停滞→結石形成→その結石でさらに悪化」という悪循環に陥ることもあります。嘔吐が見られたときは尿毒症の疑いが濃くなります。
さらにグッタリして、呼吸が荒くなったり、体温が低くなったりしたら重篤です。

尿路閉塞の原因は尿路内と尿路外に分けることができます。
尿路内で多いのは尿道の結石や血塊です。
雄犬の尿路閉塞の原因は尿道結石症が多いとされています。
尿路外では膀胱と尿道の腫瘍が最大の原因です。
雄犬では前立腺が肥大し、尿路を圧迫することも少なくありません。
その他尿路内のポリープ・憩室(管腔内の一部が拡張)、神経障害による尿路閉塞もあります。

  • 機械的(尿路内):尿路に血塊、結石など
  • 外因性(尿路外):腫瘍・膿瘍・前立腺肥大など
  • 解剖学的異常:尿管ポリープ・尿道憩室など
  • 機能的異常:神経障害、尿路の機能不全、薬物など

完全閉塞は緊急性が高い病態です。
すぐに治療を受けなければなりません。
不完全閉塞では緊急性は高くないかもしれませんが、
徐々に完全閉塞への道を辿ることを考慮しなければなりません。
早めの治療がよいと思います。
カテーテルによる排尿、閉塞の原因除去、対症療法(脱水症状に輸液など)が施されます。
場合により外科手術が必要なこともあります。
腫瘍疾患・前立腺疾患を持つ老齢犬では効果的治療は難しいかもしれません。

【ワラビーグループの診たて】

尿路閉塞で来院されるネコちゃんの数が、急に増えるのが冬場です。 冬は寒いので運動量がおち、飲水量がへることで、 尿が濃くなり尿石ができやすくなると言われています。 お部屋を暖かくしたり、夏場以上に自由にお水を飲めるようにしたり、 冬場こそ我が子とたくさん運動してあげて、飲水量を保ってあげることで、 すこしでも尿路閉塞の予防をしてあげましょう。 また、「尿がでていないな」と思われた時は、様子を見ずにできるだけはやく動物病院にご相談ください。