翔ちゃん先生の一言コラム

口の中に炎症が起こった状態が口内炎です。口内炎を患った犬は食欲が落ちます。お腹はすいているのに食べようとはしません。痛み・違和感があるからです。よだれが多くなりますし、口臭もきつくなります。ときどき口を掻くしぐさを見せます。微熱が出ることもあります。

そんなそぶりに気づいたら、まず口の中を観察してみましょう。歯茎・歯を観察し、特に問題がなければ口腔内全体を眺めてみましょう。口内炎は見た目も大きさもさまざまです。赤く腫れていたり、ただれがあったり、内部に水がたまる水疱ができたり、潰瘍(かいよう)ができたりします。最上層が崩壊して、その下にある組織が露出してできる穴が潰瘍です。穴の内部に残った死んだ細胞と食べもののカスのために白っぽい色になります。

口内炎の原因は様々です。例えば・・・

  • 代謝性:糖尿病、上皮小体機能低下症など
  • 免疫介在性:天疱瘡・エリテマトーデスなどの自己免疫疾患、薬物に対する過敏症
  • 感染性:細菌、真菌、ウイルス(ジステンパーなど)
  • 外傷性:異物、感電(電気コードを噛んで)、化学物質、咬傷(蛇など)、植物のトゲ
  • 毒性:植物毒など

原因がわかればそれぞれの原因に対する治療が行われます。 炎症の対症療法は消炎剤、抗生物質などの投与です。 飼主さんができることは正しい食事管理と飲み水管理です。 また、歯周病があれば治療を受けるようにしましょう。

いくつかの口内炎を紹介しておきます。

  • 系統性口内炎
    何らかの全身性疾患があって口内炎が起こるものです。レプトスピラ症、天疱瘡、糖尿病、ビタミン欠乏症などが原因になります。患部は赤く腫れ、ただれています。食欲が落ちます。よだれが多く、口臭もきつくなります。
  • 潰瘍性口内炎
    病気や外傷で抵抗力を弱ったときに細菌が感染して起こることが多いようです。口臭がとても強くなり、ネバネバした唾液を大量に出します。痛みが強いので食欲がまったくなくなることもあります。
  • 壊死性口内炎
    壊死とは組織や細胞が局部的に死ぬ状態です。歯周病によって起こることが多いようです。症状の程度は強いものからそうでもないものまで様々です。唇を掻くことが多く、口唇に脱毛が見られます。
【ワラビーグループの診たて】
口の中の問題は、意識をしないと分かりにくく、かなり進行した状態で来院されるケースが多くみられます。日頃から、口の中をチェックする習慣をつけていただくと早期発見早期治療につながります。

vol34に続く