どうぶつ園通りの動物病院は北海道旭川市にある動物病院です。年中無休で診療をおこなっています。旭川市にあるどうぶつ園通りの動物病院はチーム医療による良質な診療サービスと豊富な手術実績で飼い主様に確かな安心をお届けしています。
エキノコックスについて

エキノコックスは主に北海道等の高緯度地域に生息している寄生虫です。毎年、人では約20名の感染が見られます。人へは犬、キツネの糞便から感染します。ネズミから人、人から人への感染はありません。人でのエキノコックス症は、放置した場合致死率が高い感染症です。

エキノコックス症の症状

犬、キツネには通常何も症状はありません。犬、キツネの糞便中にエキノコックスが排出され、それを人、ネズミが摂取することにより感染します。エキノコックスは人、ネズミでは主に肝臓に寄生し、重篤な肝障害や腹水等を引き起こします。人では肝臓癌と診断され、
外科手術時にエキノコックスと判明する場合もあります。

エキノコックス症の予防について

主な人への感染源はキツネの糞便です。北海道では駆虫剤を散布しキツネに摂取させることで、一部地域ではある程度の清浄化(キツネのエキノコックス保有率20%)は達成しました。ただ、依然北海道内ではキツネのエキノコックス保有率は60%と言われています。 犬でもエキノコックスは感染します。症状はありませんので、キツネのいる地域、ネズミのいる地域の屋外飼育の犬では予防が必要と言われています。月に1回の駆虫薬で予防が出来ますが、通年でお薬を飲む必要があります。