どうぶつ園通りの動物病院は北海道旭川市にある動物病院です。年中無休で診療をおこなっています。旭川市にあるどうぶつ園通りの動物病院はチーム医療による良質な診療サービスと豊富な手術実績で飼い主様に確かな安心をお届けしています。
手術について
手術について

旭川市にあるどうぶつ園通りの動物病院がおこなっている動物の手術についてご紹介します

旭川市にあるどうぶつ園通りの動物病院では、超音波手術システムCアームレントゲン内視鏡
超音波診断装置(エコー)など、高度医療機器が充実しており、整形外科手術や神経外科手術に特に力を
入れています。また、先進的な技術の修得にも積極的に取り組んでいます。
インフォームドコンセント

どうぶつ園通りの動物病院では、手術するかしないかの判断、手術内容の理解を
飼い主様に正しくしていただけるよう情報開示と丁寧な説明を心がけています。

  • 手術が成功しても飼い主様が納得されていなければ意味がありません。インフォームドコンセントは手術と同じくらい大切だと私達は考えています。
  • 時には手術をせずに緩和治療を選択される場合があります。その子とずっと一緒に生きてこられた飼い主様のご決断を私達は尊重します。当院ではそのような場合でもホームドクターとしてできる限りのサポートをさせていただきます。
術前検査

どうぶつ園通りの動物病院では、手術のリスク、麻酔のリスクを最小限に抑え、
より安全に手術を行えるよう、動物の術前検査に細心の注意をはらっています。

  • 手術当日、その子が本当に麻酔をかけられる状態なのかどうか、聴診、血圧の触知など全身状態のチェックをした上で血液検査を行います。
  • 必要な子にはレントゲンや超音波で状態の把握をさせていただく場合があります。特に乳腺腫瘍などの転移を起こす可能性のある手術に臨む際は、レントゲン等で術前にその有無を確認いたします。
  • 当院では院内で血液凝固検査~手術時に出血が止まりやすいかどうかを調べる検査~ができます。
  • 腫瘍摘出手術や腹腔内の操作を含む手術では必ず術前検査を行い、避妊・去勢手術でもお勧めしています(※飼い主様にご選択いただくオプション制)。腫瘍で出血が止まりづらい病態になっていないかどうか、生まれつき、または病的に血が止まりづらいということがないかを確認するためです。
麻 酔

人間の手術と同様、麻酔のリスクは残念ながら0% になることはありません。
しかし限りなく0% に近づけるよう、私達は力を合わせて麻酔管理を行っています。

  • 当院では酪農学園大学麻酔科出身の畠山を中心に徹底した麻酔管理を行っています。
  • 手術時は麻酔師が必ず付き、血圧、SpO2(動脈血の酸素化の具合)、体温、呼吸、心電図、動物の反射などを確認しながら麻酔深度を調整しています。
  • 術後のICU(手術した子を麻酔から醒めるまで安静にさせておく集中治療室)でも15 ~ 30 分ごとに体温等のバイタルサインチェックを行っています。
  • 麻酔事故は術後30 分までに起こる事が多く、特に短頭種の子は注意が必要です。当院では短頭種の子はICU を酸素室にしてリスクを軽減させています。
手 術

より安全な手術、より動物の体にやさしい手術をめざし、最新の医療技術を取り入れています。
より高い安全性が期待できる医療機器も着実に増えています。

  • 当院では整形外科手術、神経外科手術に特に力を入れています。獣医師は最新の医療技術を国内外で積極的に修得し、院内での共有化を図りながら病院としての技術力の水準を高める努力をしています。
  • 当院では手術中に使用できるCアーム(レントゲン装置)など、手術の質と安全性を高める医療機器が充実しています。
  • 手術で用いる糸のうち、体内に残す吸収糸はモノフィラメント吸収糸(PDS Ⅱ)を使用しています。この糸は結節保持力に優れ、ほどけにくく、撚り糸や絹糸のように細菌の付着が起こりづらいという利点があります。当院ではこの糸を通常の外科手術ではもちろん、避妊・去勢手術でも使用しています。
  • 当院では動物の体への負担を軽減できるよう、手術の痛みをコントロールする疼痛管理(ペインコントロール)に力を入れています。手術中・手術後の痛みが強ければ、治癒の過程にも影響します。痛みを感じる前の先取り鎮痛、術中鎮痛、術後鎮痛などにより、苦痛の軽減に努めています。
  • 疼痛管理(ペインコントロール)では、モルヒネ・フェンタニルなど強力な鎮痛作用を持つ麻薬性鎮痛薬が効果を発揮しますが、当院には麻薬管理者、麻薬施用者の免許を持った獣医師がいるので安心です。
主な手術実績

旭川市にあるどうぶつ園通りの動物病院の主な手術実績です。
手術・症例紹介のページとあわせてご覧ください。

[一 般 外 科] 去勢手術、腹腔内・鼠径部陰睾、避妊手術、歯石除去、子宮蓄膿症、帝王切開、脾臓摘出、腎結石摘出、
膀胱切開(結石除去)、会陰ヘルニア整復(内閉鎖筋転位術・結腸固定)、会陰部尿道瘻、尿道切開、
尿路結石、横隔膜ヘルニア、そけいヘルニア(犬)そけいヘルニア(猫)、臍ヘルニア、
咽頭チューブ設置、断尾、唾液腺嚢胞、外耳道切除、垂直耳道切除、全耳道切除、鼓室胞切除、耳血腫
[腫 瘍 外 科] 乳腺腫瘍摘出脾臓腫瘍摘出肺葉切除術、腎臓摘出、膀胱腫瘍切除、下顎切除、前肢後肢断脚、
甲状腺腫瘍摘出、口腔内腫瘍切除、各種体表腫瘤
[消化器外科] 内視鏡下異物除去、胃切開、腸切開、腸端端吻合、胆嚢粘液嚢腫(胆嚢切除術)、胃拡張胃捻転
腸重積整復、内視鏡下生検(胃、十二指腸、直腸、結腸、遠位回腸)
[整 形 外 科] 上腕骨骨折、中手骨骨折、橈(とう)尺骨骨折モンテジア骨折、中足骨骨折、脛骨骨折、大腿骨骨折
大腿骨遠位骨折下顎骨折、 仙腸関節脱臼、骨盤骨折脊椎骨折膝蓋骨脱臼(G 1~ G4)、
大腿骨頭切除、股関節脱臼整復、前十字靭帯断裂整復(ラテラルスーチャー)
[神 経 外 科] 椎間板ヘルニア(ヘミラミネクトミーミニへミラミネクトミーベントラルスロット
[眼   科] 角膜縫合・角膜格子状切開・瞬膜脱出整復・眼球摘出・瞬膜フラップ
各種認定資格

どうぶつ園通りの動物病院では、院長ほか獣医師が積極的に最新外科手術の技術習得に取り組んでいます。

  • 小動物の骨折治療の上級コース修了証 AO VET Small Animal Course-Advances in Fracture Treatment
    小動物の骨折治療の上級コース修了証 石原 創
  • 小動物の骨折治療の原理原則コース修了証 AO VET Small Animal Course-Principles in Fracture Treatment
    小動物の骨折治療の原理原則コース修了証 小林 敦史
  • TPLO セミナー 修了証 SYNTHES Vet TPLO Seminar 2012
    TPLO セミナー 修了証 石原 創

    ※ TPLOとは前十字靭帯断裂の外科手術である脛骨高平部水平化骨きり術(Tibial Plateau Leveling Osteotomy:TPLO)の略称です。 前十字靭帯断裂は小動物整形外科疾患の中でも数多く症例が報告されている代表的な疾患の一つです。

  • 脊椎外科セミナー 修了証
    SYNTHES Vet Spine Seminar 2013-Advanced Course
    脊椎外科セミナー 修了証 石原 創
  • 上級者向け外科実習セミナー修了証 OQUENDOCENTER Advanced Surgery Seminar 2012
    上級者向け外科実習セミナー修了証 石原 創