どうぶつ園通りの動物病院は北海道旭川市にある動物病院です。年中無休で診療をおこなっています。旭川市にあるどうぶつ園通りの動物病院はチーム医療による良質な診療サービスと豊富な手術実績で飼い主様に確かな安心をお届けしています。
手術について
TOP > 整形外科症例 > 骨盤骨折 1
整形外科 症例
どうぶつ園通りの動物病院ではAO/ASIFの原則に則り、骨折整復の手術をしております。
※AO / ASIFとは、骨折整復治療の研究やインプラントの開発をおこなっている機関です(本部:スイス)。
AO法では「受傷肢の完全機能回復」を理念としており、当院ではその整復技術を積極的に修得して手術を行っています。
骨盤骨折 1 ■ 種類 : 豆柴 ■ 年齢 : 1 歳齢 ■ 原因 : 列車にひかれた
骨盤骨折とは?
骨盤骨折は交通事故で引き起こされることが多く、犬の骨折のなかでも多くを占める骨折です。骨盤周囲にはたくさんの動脈が走っており、 損傷をうけるとそこから出血多量になる恐れがあるので、一刻も早く医師の治療を受けることが大切です。
術前レントゲン写真です。
左右腸骨体骨折、恥骨粉砕骨折。
左の腸骨体が骨盤腔内に変位しており
直腸などの臓器を傷つけるおそれがあり、危険です。
骨盤骨折は骨だけでなく肺、膀胱、肝臓などの臓器の損傷がないかどうか見極め、手術をいつするか判断することが大切です。
次へ
術後レントゲン写真です。
骨盤のスクエアの形が保たれています。
排便もできるようになり、また術後の歩行も良好です。
車にひかれることはよくありますが、列車にひかれて 助かる子は奇跡としか言いようがありませんね。