どうぶつ園通りの動物病院は北海道旭川市にある動物病院です。年中無休で診療をおこなっています。旭川市にあるどうぶつ園通りの動物病院はチーム医療による良質な診療サービスと豊富な手術実績で飼い主様に確かな安心をお届けしています。
CTについて
ctについて
どうぶつ園通りの動物病院では、診療サービスのさらなる向上をめざし、「16列マルチスライスCT装置」を導入します。
CTとは

コンピューター断層撮影(Computed Tomography)の略称で、X線を360度方向から照射して体内の輪切り画像を得る装置です。16列とは16の断面を一度に撮影できることを意味しています。一方向からの二次元(平面)撮影しかできないレントゲンに比べ、360度全方位からX線を照射して体内を高速スキャンできるCTは、撮影データを合成して3D(立体)画像で体内を可視化することができます。

▼CTの詳細はメーカーサイトをご参照ください
CTとは、どういう仕組み? https://jp.medical.canon/general/CT_construction

CT導入のメリット

これまで外部に依頼していたCT撮影を院内でできるようになることで、まず、どうぶつと飼い主様にとっては、移動負担や新たな不安・ストレスが生じる心配がなくなります。検査・診断・治療をワンストップで受けていただける安心感にもつながります。そして、診療面では、主に次のようなメリットがあります。

  • ①検査・診断の精度が上がる
    レントゲンとエコーではどうしても見えなかった小さな病変が見えたり、高精細画像で詳細情報が得られたりすることで、検査・診断の精度が格段にアップします。
  • ②綿密な手術計画が立てられる
    事前にCTを撮リ、3D画像にすることで、術者の脳内シミュレーションをよりリアルなものにできます。また、そのイメージをチームスタッフが共有することで、よりスムーズで安全な手術が可能になります。
  • ③オペ中もCT撮影ができる
    整形外科では手術中にレントゲン撮影を行いますが、CT撮影もできることで、より安全かつ効率的な手術が可能になります。
  • ④エマージェンシーに役立てられる
    緊急対応を要する救急救命の場面でCTを有効活用することにより、救える命が増えることが期待されます。
CT検査依頼について

他病院の先生方からのCT検査依頼に対応いたします。準備が整い次第ご案内を掲載いたしますのでお待ちください。(飼い主様からの直接のご依頼には対応いたしませんのでご了承ください)

院長 石原 創